海での発電は日本を救うか


日本は海に囲まれており、昔から海水を使った発電は実用化を検討されていました。海水を使った発電の方法は、波の力を使ったり、水温自体の差を使ったものなどいろいろあります。しかし、どれも今一つ大規模な設備として実用化することができず、周囲の家庭の電力をまかなう程度のことしかできませんでした。水力発電のように広い土地を使い水をためて、その水の落ちる力を使う水力発電と比較すると、入り江に設置されることが多いこのような施設は、小型になってしまうのです。

しかし、原子力発電が事実上稼働できなくなっている以上、新しい方法で電気を作ることは至上命題です。小さな設備であっても周辺住民の電力をまかなうことができれば、輸入に頼る化石燃料にも頼る必要がありません。もちろん二酸化炭素も出しませんから、地球環境保護にも役立つ方法です。このように海での発電は、日本のエネルギー事情を大幅に改善する可能性を秘めています。

とはいえ、海水から電気を作るアイデアは昔からあるものの、実用化が難しいと言われています。水力発電は、大きなダムを作り、計画的に放水することで、継続的な電力を作ることができます。これに対し、文字通り自然の摂理に合わせた発電しかできない海水を使った方法は、作ることができる電力はムラができるので、それだけに頼ることが難しいのです。

また、一年を通じて波が高い場所は、入り江が多く大規模な施設を作ることができませんし、大規模な施設を作ることができる海辺は、波の力が分散するため、発電に必要な波の力を得ることができません。大規模な電力供給には向きませんし、他の方法との併用が前提となります。水力発電のようにそれだけで役に立つ方法ではないのです。

とはいえ、海に囲まれた日本で、これを使わないのはあまりにもったいないです。補助電源としての役割しかないとしても、施設の数や設置場所を増やせば平均してある程度の電力供給が期待できます。コストがかかる点が欠点ですが、エネルギーの安定供給は国を守ることに繋がります。また、高いと言われる設備も多く設置することである程度のコストダウンが期待できます。

化石燃料を使った電力供給は、次第に少なくしていかないと気候がおかしくなり、人間の生活が脅かされます。自然を利用した電力供給にシフトすることで、この傾向を止める必要があります。多少のコスト高になっても海による電力供給に着目するのはそのような理由なのです。

おすすめサイト

バンコクの人気ホテル
ユーザーの口コミ情報から選べるタイのホテル検索サイト

医学部予備校は大阪市のゼミナール
たくさんある中で選ばれる理由が

即日で会社設立サポートができる税理士
最短1日での会社設立を実現!

大気圧プラズマの表面処理なら
「化学メーカーとしての視点からまれる次世代表面処理技術」の積水化学

沖縄でパラセーリングを満喫するならSeaWorldへ!
空と海の青を体感できる充実の時間を過ごせます